◎刺繍バッグができるまで




パンガンダランのバッグはすべて
ベトナム・ホーチミンのアトリエでで作られています。
場所は大通りのTran Hung Daoチャンフンダオから幅1mほどの狭い路地を
20mほど入ったところ。

ちょっと暗いその路地を抜けた先にある一軒家がパンガンダラン。
1階が店舗で、2階がアトリエ兼住居になっています。

そこでデザインされ、それぞれの職人さんたちのもとへと手渡されます。

デザインとパターンはすべてデザイナー鈴木トミコのオリジナル。
日本での修業時代に作られたパターンとサンプルバッグが’元になります。
そしてそのデザインをもとに、
生地、革、副資材を市場やメーカーから集めます。

生地には接着芯が貼られパターンのサイズにカットされ、
刺繍職人さんのもとへ。








刺繍職人から渡された生地はアトリエでパターン通りの裁断され
革、裏地、金具、ファスナー、パターン、サンプルバッグと共に
革職人のもとへと向かいます。


そうやって出来上がったバッグを検品し、
革にトリートメント剤を塗り、ようやくお店に並びます。

全て手作り少量生産のため完成までに時間がかかり、常に品薄の状態が続いていますが
そのぶん手を抜かず、安心できる品質になっていると思います。

ブログではベトナムでの作業風景や暮らしなどを書いていますので
バッグとともにお楽しみください。


パンガンダラン





 

Members only page

ログイン

Mobile